近況 + Steam登録代行サービス

制作進捗 comments(1) - 犬と猫

制作進捗

ノノの魔法雑貨店 ver1.08まで公開いたしました。一番大きな変更点はテナント同士の競合の仕様変更ですね。今まではテナント同士の競合はデメリットだったのですが、これがメリットとなり生まれ変わりました。これによってゲーム後半の競合地獄は回避されるのではないかと思います。ノノの魔法雑貨店に関しましてはあとは、後半の探索部分の難易度を上げれそうなら上げて、それでだいたい更新は終わりかなと考えています。

 

ノノの魔法雑貨店 最速やりこみコンクール 締切は5/20(日)までです。

ふるってご参加ください(^o^)

 

最近はパッチの更新以外にもちまちま別の作業を行うようになりました。ノノの魔法雑貨店を作っていく中で、今回は間に合わないけど次からは取り入れたいなと思った機能がいくつかあったので、今回、動画のような噴出し形式のヘルプをこしらえました。あとは内部処理的な部分で気になっていた部分があったので、そこも手直ししたり、より作りやすい環境になったかなと思います(^o^) 

動画編集素人でも『簡単』に、そして『無料』で動画が作れちまうんだ。

そう。Bandicamならね。

 


 

Steam登録代行サービス!

先日、当記事でSteamに登録することのハードルについて少々触れさせていただきましたが、当サイトもお世話になっているDLsite.com様で新たな開発者向けサービスとしてSteam登録代行サービスが開始されたようです。ゲーム開発者にとってはありがたいこのサービス。主なメリットや注意点を自分なりにまとめてみました。

 

メリット

  1. 翻訳代がかからない(初期費用0)
  2. 英語だけでなく中国語にも対応してもらえる
  3. Steamから支払われる報酬の50%が取り分(変動あり)
  4. R18指定ゲームも変則的ながら一応可能

 

注意点

  1. 翻訳するためのテキストは用意する必要あり
  2. ローカライズ(組み込み)作業は自分で行う必要あり
  3. 紹介動画を作成する必要あり
  4. ゲーム内で言語を切り替えられるようにする必要あり
  5. 日本語版はDLsite.comで販売する必要あり(Steamでは販売できない)
  6. 採用基準があり、不採用とされる場合もあり
  7. 翻訳版のゲームは他で販売することはできない

 

こんなかんじでしょうか。まずローカライズにおいて最もハードルが高い翻訳についてですが、これが無料で出来るのはとても大きいと思います。DLsite.com様では有料サービスとして翻訳サービスも行っているのですが、このページによると翻訳代は日本語1文字(2byte)につき8円(中国語なら10円となっています。仮に犬と猫のゲームのサイドストーリーが1話あたりだいたい3000byteとすると8*1,500=12,000円という計算になります。さらにメイン、サイド合わせて40話程度話がありますので、全ての話を翻訳する場合、12,000*40=480,000円もかかるということに!やべぇ!…他にもテキストはありますので、さらにかかることになりますが、とにかくこれらの費用が0になるというのはありがたいお話ですね。他に関しましても全体的に良いと思いました。

 

注意点は色々と書きましたが、個人的に大変そうだと感じたのは1-2-4番です。これらはローカライズ前提で作らないと手間がかかりそうですからね。あとはユーザー的に気になるのはやはり5番でしょうか。ただこれは大人の事情を考慮すればしょうがない部分かもしれません。

 

自分たちの作品が国内に留まらず世界に向けて発信されるということはとても意義のあることだと思います。今回こういったサービスを大手サイト様がオープンに取り扱うことでその敷居はグっと下がったかと思いますし、これからゲームを作るという人にとっても夢のある良いサービスだと感じました。今後の展開にも期待したいですね。

  • 0
    • Check
    コメント一覧

    新作を購入させていただきました。アップデート状況を確認しようと作者様サイトを閲覧したところブログにsteamへの参加についての記事がありましたのでコメントさせていただきます。
    別の作品をdlsiteで購入する機会があり、その作者様もやはりsteamに参加したいと仰っておりました。

    犬と猫様の制作活動のさらなる発展を願っております。

    • mimiさん
    • 2018/05/23 3:59 PM
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM