【PC】Cドライブを交換した話

制作環境 comments(0) - 犬と猫

自分のデスクトップPCのCドライブはSSDなのですが古いPCなので容量がたったの80GBしかなく、ソフトの入れでなんとかやりくりをしていました。常々Cドライブ交換できないかなぁと思うものの、そのやり方を検索してもけっこうハードルが高そうで“うまく交換できずPCが起動できなくなった!”という話も少なくありませんでした。

 

しかし、色々探すうちにかなりシンプルで簡単そうな手順を見つけたので、ついに一念発起。CドライブのSSDを交換することにしました。今回の記事はその交換を行った際の手順をまとめたものです。

 


 

実行する内容

 

80GBのCドライブ(SSD) を525GBのSSDに交換する

 

基本的にこちらのenjoypclife.netさんのページを見てそのままやりました。

特にクローンソフトの扱いを間違えると大変なことになりそうなので、熟読必須。

 


 

用意したもの(事前準備)

 

(1) 交換する新しいSSD

Crucial MX300 シリーズ SATA接続 SSD (525GB)』を購入

 

(2) 新しいSSDとPCを接続するため(コピー)に必要なケーブル

『Cyberplugs SATA-USB 3.0 変換アダプタ 2.5インチ HDD SSD』を購入

 

(3) クローンソフト(無料)のインストール

EaseUS Todo Backup v10.6.0.0』を使用

※記事によると窓の杜さんからDLすると登録不要で使えるとのこと

 

(4) SSDを交換する際に必要な工具(ネジまわし)

けっこうがっちり装着されていたので、交換は少し手間がかかった

 


 

行った手順

 

(1) ケーブルを使い新しいSSDをPCに接続する

 

外付け方式でSSDをPCに接続します。この段階ではまだ新しいSSDはフォーマットされていないため、PCは認識しませんでした。

 

(2) 新しいSSDをフォーマットする

 

こちらのwindows7のSSDフォーマット方法を参考にしました。

自分の場合は記事の後半は特に必要なく、

コンピュータ(右クリック)→管理→MBRを選択してOKを押した瞬間、即フォーマットされました。本当にフォーマットされたのかよくわかりませんでしたが、後述のクローンソフトで新しいSSDが認識されていたので成功したみたいです。

 

(3) クローンソフトを起動してSSDにCドライブをコピー

 

注意点はenjoypclife.netさん参照。

コピー時間は自分の場合、USB2.0で1時間ちょっとかかりました。

 

(4) PC内の古いSSDとコピーした新しいSSDを取り替える

 

コピーが完了したらPCをシャットダウンしてSSDを付け替えます。

 

(5) PCが起動できれば無事完了!

 

クローンソフトは不具合の原因になるとかならないとかなので、念のため起動後最初にアンインストールしました。

 


 

以上で完了です。作業時間はコピー時間含めて2時間弱でした。とても難易度の高い作業と思っていましたが、PC素人の自分でも何のトラブルも無くあっさり終えることができました。こんなことならもっと早く交換していればよかった!『Cドライブを交換したいけど…』と考えている方の助けになれば幸いです(^o^)

 

役割を終えた旧SSD。

SSDはHDDと違って、ある日突然データが消える、

と聞いていたので、保険の意味でも交換できたのは良かったです。

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM