シオ森反省会:空き瓶

世界設定・裏話 comments(0) - 犬と猫

 

今日はシオ森制作の苦労話について書いてみたいと思います。

 

今回の苦労話は『空き瓶』についてです。

空き瓶は水を汲んだりクラフトなどに使うアイテムですが

当初の予定では空き瓶には以下の効果を期待していました。

 


 

(1) 雨が降ると空き瓶に水が溜まり飲み水になる

(2) 空き瓶の数だけ水を汲むことができる

(3) 様々なクラフトに使う便利アイテムである

 


 

紆余曲折あり(1)は早々に没になりました。

理由としては雨が降ると勝手に瓶が水に変換されてしまう点や、

アイテムポーチとの兼ね合いもうまくいかなかったためです。

また、空き瓶だけ雨の影響を受けるという尖った性能にしてしまうのも

統一感が無くわかり辛そうで、没になりました。

 

(2)に関してもやはりアイテムポーチとの兼ね合いや

他のアイテムの効果との兼ね合いで

結局、瓶を1つ使用すればその分水を多く汲める、という

リアリティのない仕様に落ち着きました。

ちなみに

最初は空き瓶を持っていないと水を汲むことのできない仕様でしたが、

あまりにもハードすぎたため、

瓶を持たずとも水を汲めるようになりました。

 

様々といっても瓶の使い道もそんなにあるわけではありませんが、

最終的に残った要素は(3)となりました。

他にも空き瓶が足りなくなる枯渇問題もあったため、

様々なルートで空き瓶が手に入るように四苦八苦しました。

 

さらにこの空き瓶の前身となるアイテム『汚れた空き瓶』というのもあり

この汚れた空き瓶を川で洗う雨が降るかで『空き瓶』に変化する、

というギミックも考えていたのですが、

さすがに手間がかかりすぎたのでこれもになりました。

 


 

かなり特殊なアイテムとして存在してしまった空き瓶ですが、

仕様をマイルドにしたことでゲームに馴染み、制作は軌道に乗りました!

やったぜ!

こちらが没アイテム『汚れた空き瓶』

なんとなくウン○がついているような絵面にも見えます。

 

  • 0
    • Check
    コメント一覧
    コメントする

     

    無料ブログ作成サービス JUGEM