TGS 2017 に行ってきた!

イベント comments(0) - 犬と猫

今年もフルーツバットファクトリー様のご招待で東京ゲームショウ2017へ遊びにいってきました(^o^)

TGSは世界最大級のゲームイベント、木曜から日曜までの4日間開催で、今後このような機会があるかわからないので今回は後学のために初めて初日のビジデスデイに参加させていただきました。

 

  • ビジネスデイの入場には実名名刺が必要

 

ビジネスデイは一般公開のパブリックデイとは少し異なり、入場できるのは基本的にゲーム業界関係者のみとなっています。さらに事前登録やチケットの印刷、そして実名入りの名刺が必要というちょっと手間な感じでした。

 

で、自分の場合、ただの同人作家ですし今まで実名入り(+サークル名)の名刺というのを持っていませんでした。そこで急遽名刺を業者に頼んで作った次第です。名刺自体は短納期でも少数なら1000〜1500円程度とかなり安く作れます。ちなみに後からわかったのですが名刺が無い場合、身分証明証の提示でも可能みたいです。フリーランスや自営業者の名刺の提示について調べてみたのですがあまり情報が出てこなかったので、今後誰かの助けになるかもしれませんし、まず最初に名刺の詳細を書き残しておきたいと思います。

 

名刺は下のような画像を用意しました。携帯番号や住所も必要なのかと思ったのですが、どうやら必要なさそうでしたね。

 

“デベロッパー”という聞き慣れない横文字に“圧”を感じます。

 

『インディーゲームクリエイター』というのは和製英語らしいので、名刺ではインディーゲームデベロッパーとしました。同人ゲームではなくインディーゲームとしたのも、グローバルスタンダードに合わせた形です。時代はインディーなのです。乗っかっていきましょう。

 

とまぁそんなかんじの入場編なのですが、実際現地に行ってみると、名刺を持ってきていない人もちょこちょこいましたし、それ以前に事前登録をされず来場された方も(多分)かなりいました。なんだかんだで当日でも対応できるような感じにはなっているようでしたが、極力事前に準備していくのがマナーでもあると思うので、気をつけたいところですね。

 

近年栄えるインディーズ。

インディーのおかげで入場できました。ありがとう、インディーズ。

 


 

  • 会場内はビジネスデイでもたくさんの人

 

そうして業界人面しつつ見事入場を果たしたTGS。会場内はさすがに一般日よりは少ないのですが、それでも大勢の人がいました。一般日に行われるであろうゲームの大会とか声優さんのライブとかその手のイベントは基本的に無く、そういう意味では少し物足りなさも感じました。

 

会場内の様子。ここにいる全員が業界人だと思うと足の震えが止まりません。

 


 

  • 期待の新作『モンスターハンターワールド』

 

今年のTGS2017の目玉は、やはりモンスターハンターワールドのように感じました。試遊整理券などはすでに配布終了となっていて自分は見るだけでしたが、久々の新作据え置きモンハンというだけあって、かなりのド迫力!めちゃくちゃおもしろそうでした。私は孤高のぼっちプレイヤーですが、例えソロでもこれは間違いなく買っちゃいますね(^o^) 

 

やっぱり “モンハン” なんだよなぁ。

 


 

鼻息を荒くしつつ、

ひたすらパンフレット等を漁っていき、至福の時を堪能…!

 

戦利品パート1。著名企業のパンフレット。読むだけで楽しい。

 


 

  • インディーとはなんなのか

 

今回は主にインディーゲームコーナーを長い時間ウロチョロしていたのですが、多くの出展者は(多分)小規模な会社でした。インディーゲームというとアマチュア制作ゲームのイメージがありましたが、そうではなく少数で制作されたゲームということでしょうか。いずれにせよ、ほとんどの出展が会社で外国の出展もとても多かったですね。外国系だと会話ができないため、試遊をためらい見る専になってしまいましたが、どれもハイレベルなゲームばかりです。まさにゲーム業界の黒船。その数の多さに思わず『国内終わったな』と思ってしまうような印象でした。

 

戦利品パート2。インディーはカジュアルゲームが多かった印象です。

 

ご招待いただいたフルーツバットファクトリー様のスペースで頂いたチラシ。

主にノベルゲーのローカライズをされています。

 


 

  • グッズショップは買いやすい

 

グッズショップは一般日と違い、お客さんが少ないため特に並ばずに購入することができそうでした。TGS限定グッズなんかもありますので、欲しい方は要チェックですね。

 

トライフォースクッションが気になる…

 


 

  • まとめ

 

という感じで、なんともまとまりのない記事となってしまいましたが、十分に堪能したTGS2017となりました。ゲーマーにとって、本当にこの空間は堪らないものがあると思います。

 

いるだけで幸せ。

あるべき場所に帰ってきた。

桃源郷。

一人だけど一人じゃない。

実家のような安心感。

 

夢の国は舞浜ではなく、ここ幕張にありました。

 

反省点としてはもうちょっと色々試遊すればよかったかなと若干の後悔をしていますが、それはまた次の機会に活かしていきたいですね!それでは皆様、楽しいゲームライフをお過ごしください(_ _)

 

何事においても満たされないやつらがいる。私です。

c92 コミケアフターレポート

イベント comments(0) - 犬と猫

c92お疲れ様でした!

当日は小雨が降る中、だいぶ涼しいコミケかと思いきや、

会場内は熱気に包まれ気づけば汗ダラダラなコミケとなっていました。

そんな気温差の激しい(?)コミケでしたが、スペースまで足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!(_ _)

個人的にもたくさんの方とお話できたり、とても楽しいコミケとなりました。また次のコミケ(受かれば)でお会いできれば幸いです。

 


 

過去にコミケレポートというのをサイトの方で毎回行っていましたが、

今回からこちらのブログで簡単にまとめていきたいと思います。

 

  • 明暗分けた新旧作群

 

お品書きでもちょっと書いたのですが、新刊である王国のソウルスミスは今回在庫覚悟でいつもより少し多めに持っていっていきました。ただこれはありがたいことに午後2時あたりに全て頒布することができました。ちょっと荷物になる配送手配用のキャリーも持ってくるほど本当に絶対残ると思っていたので、これはかなり嬉しかったです。購入していただいた皆様、ありがとうございました(_ _)

 

反面、ウィッチリングマイスターはけっこう余りました。ダンジョン少女は少数ながら早い段階で売り切れてしまいました。予想ですが、前回の夏コミでウィッチリングマイスターを購入された方が今回、王国のソウルスミスや1つ前の作品であるダンジョン少女を購入してくれたのかなと思いました。他作品は、どれも少数ですがまったりと頒布できました。ありがとうございます。

 

それとお品書きでオーシャンランチアンティークの在庫が復活した趣旨を書きましたが、自分の手配ミスで今回頒布することができませんでした。実際、現地で何人かの方が探しておられて大変申し訳なかったです。すみませんでした。次からは気をつけたいと思います(_ _)

 

最近定番化した形の設置。

準備に二人で地味に1時間ちょっとかかります。

 

  • 痛感する体力の無さ

 

自分は普段あまり運動しないどころか、座ってばっかりなのでここ10年ぐらいで一気に体力が衰えました。特に足腰ですね。行きはまだしも帰りの時には休み休み帰られないと相当辛いという情けない状況です。なのでコミケ時はなるべく座って体力を温存しているのですが、それでもヘトヘトでした。近くのサークルの売り子さんが最初から最後までずっと綺麗な姿勢で立っていたのを見て、自分はもう駄目かもしれないと思いましたね。老化は足から来るといいますし、足腰を鍛える必要性を痛感しました…

 

スペース裏側の写真。今回は右側後ろにうちわの箱があるので、

人一人座れる程度のスペースしかありません。

 

  • 穴場トイレ発見

 

ほぼ自分用メモなのですが、サークル参加者+朝限定ながら比較的人の少ないトイレを今回見つけました。場所は東館の2F通路にあるトイレです。

今回東7ホールへの行き方がわからなかったので、1Fを通らずたまたま2Fを歩いていたのですが、東館2Fは飲食店がメインなためサークル参加者はあまりおらず、しかも通常は1Fの通路を歩くため2Fはかなり空いています。その割にトイレの数は多めなので、サークル参加者は万が一の“切り札”として覚えておくと良いかもしれません。

ビッグサイトは広いですし、他にも人の少ない穴場トイレはあるかもしれませんね。トイレは本当死活問題だと思うので、きっちり対策を持ってコミケに挑みたいところです。

 

うちわは総合力No1な印刷所サンライズ様で制作しました。

クリア系の骨組みが綺麗で、気に入っています。

 


 

  • 戦利品のご紹介

戦利品といっても実は今回はいただいた物だけなのですが、

少しご紹介させていただきます。

 

戦商千夜 c92体験版 ・紅兎 様

http://rabbit.zashiki.com/

 

いつもご挨拶にきていただけるサークル様で、たまに隣同士になったりするご縁です。現在製作中のゲームは経営物のゲームなのですが、来年夏頃完成目指して製作中とのことでした。ゲーム内に登場するアイテムなんかも全て3Dで作られているようなので、かなり時間のかかる作業なのではないかと思いますが、完成を心待ちにしております(_ _)

 

SkyLens TrialVersion 1.5  ・ZENITH BLUE 様 

http://www.zenithblue.info/skylens/

 

探索型横スクロールアクションゲームを制作されているサークル様です。PVもあるのですが、めっちゃハイクオリティで凄いです。前作もPS4でリリースされているようなので知っておられる方も多いかもしれませんね。完成はまだ先のようですが、今からリリースが楽しみな一本です。

 

最近のインディーゲームは3Dグリグリでクオリティが高すぎる…!

2D推しの自分も本当にこのままでいいのか、自問自答の毎日です…

 


 

そんなかんじでc92のコミケアフターレポートでした。

 

今回、新刊などご購入できなかった方は大変申し訳ないのですが、また次回以降のイベントや通販・とらのあな様やメロンブックス様の店頭販売などをご利用いただければ幸いです(_ _)

 

コミケでは普段お世話になっている方に挨拶できたり、会いに来ていただけたり普段ではなかなかできないことができるので、とても良い刺激になります!最後になりますが、スペースまで足を運んでくれた皆様や、関連ツイートをRTしてくれた皆様、ありがとうございました!今後も犬と猫をよろしくお願いいたします。

 


 

  • c93への参加申し込みも完了

 

そして次回コミケの参加申し込みも完了しました。冬のコミケ、オンラインの振込み締め切りが8/17(木)とかなり早いです。うっかりすると忘れてしまうので、レポートを書く流れでついでに申し込んできました。これで安心です(^o^)

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM