シオ森反省会:没アイテムアイデア

世界設定・裏話 comments(0) - 犬と猫

 

今日はシオ森制作の苦労話について書いてみたいと思います。

 

今回の苦労話は没アイテム『氷』『種』についてです。

どのようなアイテムなのか、以下にまとめました。

 


 

ー 氷 ー

(1) 温度が寒いマップ(主に冬)でのみ獲得できる

(2) 夏で売ると高く売れる

(3) 夏でも部分的に採取できるマップが存在したりする

 

ー 種 ー

(1) 探索中にポーチに入れて持ち歩く

(2) 雨量によって食べ物などのアイテムに変化する

 


 

氷についてですが、当初、温度の扱いはこの氷のために設定したものでした。

そのため、夏でも運が良いと寒いマップが出現する、

というイベントや青の寒冷地などのマップを利用することで

意図的に寒いマップを作り、氷が手に入る!のような

ギミックを考えていました。

しかし、途中で温度=難易度という風にゲームの仕様が変わったことで

難易度の高いマップに氷を取りに行くのは無理があり、

氷商売のアイデアについては早々にになりました。

(温度の扱いについても色々悩んだのですが、

最終的にはこの難易度として扱うシステムが一番無難だと思いました)

 

種についてですが、こちらは雨に対して何か

イベントが欲しいなという想いから作られたアイデアで

当初は天気もマップによって変化する予定でした。

なので、種を持っている時は積極的に雨の地域に飛び込み、

アイテムを生産する、みたいな楽しみ方を考えていたのですが、

やはりアイテムポーチの仕様との兼ね合いで残念ながら立ち消えました。

 

アイテムの扱いについては悩みましたが、

ポーチの仕様を決めたことで、完成への道筋が開けたように感じています。

 

もちろんポーチの仕様も色々悩んだ箇所なのですが、

(手に入れたアイテムを直接ポーチに入れるかどうかなど)

最終的にはクセのない仕様に落ち着かせたことで、

なんとかまとめることができたかなぁという印象です。

 

没ドット絵の『かまど』と『斧』―

斧は何か使うかなと思いつつ、

まったく使う要素ゼロで終わりました。

6/21の進捗

制作進捗 comments(0) - 犬と猫

制作進捗

今週はパッケージイラストとパッケージのデザイン編集を行っていました。パッケージのデザインは毎回過去作のを流用して作ってはいるものの、やっぱりキャッチコピーとか説明文とかを考えるのがけっこう労力ですね。またパッケージデザインの失敗の許されない感は異常なので、慎重に、かつ大胆に、誤字・脱字・見逃しが無いように注意しないといけません。

 

最近はダウンロード販売が主流になり、犬と猫でも昔に比べてパッケージ版の流通量(?)は減ってきているのですが、とはいえ『パッケージ派』がいることも間違いない事実ですし、赤字にならない限りはできるだけ続けていきたいなと思っています。グッズもそうですけど、物として残るのは制作者としての自己満足度はかなり高いんですよね(ちなグッズは赤字)

 

使用ツールはクリスタです(^o^)

クリスタではデフォで3Dモデルが収録されていますが、

有志による無料モデルも多数存在します!ありがたや(ToT)

 


 

TOPIC : ベクター様で『シオとあやかしの森』で販売開始!!

 

PCソフトダウンロード販売の老舗、Vector様でシオ森の販売を開始しました。ひとまずダウンロード販売サイトの更新はこれで終わりかなと思います!よろしくお願いいたします(_ _)

 

TOPIC : シオとあやかしの森 バージョン1.10にアップデート!!

 

開発は終了したものの、パッケージ版前に誤字を見つけてしまった(?)ので修正いたしました。

 

TOPIC : 犬と猫の音楽担当:Gapuda氏によるシオ森BGM毎週更新!!

 

毎回犬と猫に楽曲を提供してくださっているGapudaさんのブログにてシオ森のBGMが毎週公開されていく予定です。よければ是非聴いてみてください!またGapudaさんのブログではそれぞれの曲に対するメッセージも書かれていますので、合わせて楽しめると思います。Gapudaさんのブログはこちら

 

ちなみに過去の犬と猫の音楽については犬と猫:音楽館にて聴くことができます。更新が微妙に止まっていますが、近いうちに更新いたします…(=^^)

 


 

オリジナル同人ゲーム、サバイバルSLGシオとあやかしの森』は絶賛配信中です。よろしくお願いいたします!

シオ森反省会:空き瓶

世界設定・裏話 comments(0) - 犬と猫

 

今日はシオ森制作の苦労話について書いてみたいと思います。

 

今回の苦労話は『空き瓶』についてです。

空き瓶は水を汲んだりクラフトなどに使うアイテムですが

当初の予定では空き瓶には以下の効果を期待していました。

 


 

(1) 雨が降ると空き瓶に水が溜まり飲み水になる

(2) 空き瓶の数だけ水を汲むことができる

(3) 様々なクラフトに使う便利アイテムである

 


 

紆余曲折あり(1)は早々に没になりました。

理由としては雨が降ると勝手に瓶が水に変換されてしまう点や、

アイテムポーチとの兼ね合いもうまくいかなかったためです。

また、空き瓶だけ雨の影響を受けるという尖った性能にしてしまうのも

統一感が無くわかり辛そうで、没になりました。

 

(2)に関してもやはりアイテムポーチとの兼ね合いや

他のアイテムの効果との兼ね合いで

結局、瓶を1つ使用すればその分水を多く汲める、という

リアリティのない仕様に落ち着きました。

ちなみに

最初は空き瓶を持っていないと水を汲むことのできない仕様でしたが、

あまりにもハードすぎたため、

瓶を持たずとも水を汲めるようになりました。

 

様々といっても瓶の使い道もそんなにあるわけではありませんが、

最終的に残った要素は(3)となりました。

他にも空き瓶が足りなくなる枯渇問題もあったため、

様々なルートで空き瓶が手に入るように四苦八苦しました。

 

さらにこの空き瓶の前身となるアイテム『汚れた空き瓶』というのもあり

この汚れた空き瓶を川で洗う雨が降るかで『空き瓶』に変化する、

というギミックも考えていたのですが、

さすがに手間がかかりすぎたのでこれもになりました。

 


 

かなり特殊なアイテムとして存在してしまった空き瓶ですが、

仕様をマイルドにしたことでゲームに馴染み、制作は軌道に乗りました!

やったぜ!

こちらが没アイテム『汚れた空き瓶』

なんとなくウン○がついているような絵面にも見えます。

 

  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM